忍者ブログ
流山児★事務所の稽古場レポート
稽古中!!

日本劇団協議会主催

佐藤信「喜劇昭和の世界」三部作
 『ブランキ殺し 上海の春』
ご予約は▼
https://www.quartet-online.net/ticket/blanqui

2017年10月28日(土)~11月5日(日)
ザ・スズナリ

作:佐藤信
演出:西沢栄治
音楽:諏訪創
振付:スズキ拓朗
プロデューサー:流山児祥

出演 山﨑薫 山下直哉 山丸りな 五島三四郎 廣田裕美 さとうこうじ 宮崎恵治 眞藤ヒロシ 佐野陽一
鈴木幸二 木下智恵 有田杏子 江口翔平
龍昇 甲津拓平 森諒介 竹本優希 流山児祥

***********
長崎県対馬市・五島市公演
『西遊記』
演出・脚本:天野天街(少年王者舘)
音楽:鈴木慶一(ムーンライダーズ)
 公演詳細
http://www.ryuzanji.com

プロフィール
HN:
流山児★事務所
性別:
非公開
自己紹介:

流山児★事務所

中高年演劇=楽塾からブロードウエイ・ミュージカルまで上演し 高い評価を得て多数の演劇賞も受賞し海外公演も、毎年のように行ってる国際的シアターカンパニーです。



★★★新人募集中です!劇団で活動することに興味がある人を募集します★★★



【募集人員】 6名 (俳優・スタッフ・制作)18歳以上35歳未満。 国籍不問。心身ともに健康な男女



詳細はコチラより!!



【お問合せ・応募先】

流山児★事務所 新人募集係 〒162-0045 

東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307

TEL:03-5272-1785(平日13時~17時)

 E-MAIL:mail@ryuzanji.com





バーコード

おととい、記念すべき第1回公演を紹介させていただきました。
今日は、2回目、3回目です。

2回目は1年後の1999年です。
早稲田通りをアビーロードに見立てた宣伝写真を撮影してました。
メンバーは5人のままですが、女性のみとなりました。



そして3年目になると

 
メンバーは4人になりました。
左から杉山智子、いそちゆき、小森昌子、めぐろあや
(後々、この4人を創立メンバーと呼ぶようになります)
チラシのイラストを山中桃子さん(当時は横松桃子)にお願いし
舞台セットも桃子さんがデザインしました。
しかし、このキャッチコピー「愛と官能の日々」ですって
このころは、エロい感じを出していたんですね。

『すももももももモモのうち』
公演初日まであと13日
予約はこちら


PR
アフタートークのゲストを発表します!

5月4日(木・祝)17:00の回
鯨エマさん

5月5日(金・祝)17:00の回
朝日恵子さん

鯨エマさんは、高齢者劇団「かんじゅく座」の演出をされています。
朝日恵子さんは、フリーのライターの方でシニア演劇の取材も多くされていらっしゃいます。

チケットはまだ余裕があります!
ご予約お待ちしております。


桜も散って、いよいよゴールデン・ウィーク突入です。
ということは、楽塾の公演も近づいてきました。
今年は、記念すべき創立20周年ですので、
稽古場日誌で、過去を振り返っていこうとおもいます。

第1回目の公演
チラシの写真、おしゃれですよね。

 
メンバーは5人ですが、劇団の若手も出演してたようです、甲津拓平くんとか。
土日で4ステージやってます。
写真の女性は、上はめぐろあやさん、下はいそちゆきさん
「大人の大人のための大人による男と女の愛のエロチックな喜劇」
とキャッチコピーにありますが、いやー、エロいですね。
 

『すももももももモモのうち』
公演初日まであと15日
予約はこちら



昨日、無事に千秋楽を迎えました。
関係者のみなさま、
みにいらしてくださったお客様に感謝申し上げます。
 
                          ©横田敦史
劇団員の里美くん、奇抜な衣装を着ることが多いです。
今回は、カラスでした。

さて、次回公演は5月3日~6日、座・高円寺2
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』
ご予約を受付中です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
とうとう明日、千秋楽を迎えます
「だいこん・珍奇なゴドー」

本日14時
当日券13時より発売します。

本日19時
16時までは予約フォームよりご予約できます。
こちら

今回のアフタートークは、
リュウザンジさんを抜きにして始めてみました。

ということで、
庭劇団ペニノのタニノさんと
 
今回の作家・イヌイさん

お二人は古くからのお友達で
お互いにひどいことをされたり、したりという仲だそうですが
なんだか楽しそうです。

後半にはリュウザンジさんが参加して
「おれは60を過ぎてからどんどんバカになってる」
と放言したりしてました。

タニノさん、イヌイさん、
そして急遽、進行役をしていただいた舞台監督のオカジマさん
ありがとうございました!


©横田敦史

本日のお昼は劇団員たちが揃って集まり、19日の感謝祭に向けてのリハーサルでした!
みなさんそれぞれあの時の衣装やこの時の衣装を着ていてとーっても目の保養。

だいこんとあわせてこちらもお楽しみください!


ちなみにこの流山児さんは佐原さん作です。

お待たせしました!
「だいこん 珍奇なゴドー」ついに開幕です!!

難解な台本に挑み続けて1ヶ月、ついに勝利した役者さんたちをどうぞみにきてください!衣装も音楽も振付も素敵です!

音楽劇『だいこん・珍奇なゴドー』
作:戌井昭人(鉄割アルバトロスケット)
  演出:流山児祥
  音楽:栗木健
  振付:北村真実(mami dance space)

★★
【日時】
2017年3月15日(水)~22日(水)
3月15日(水)19:00開演
3月16日(木)19:00開演
3月17日(金)19:30開演
3月18日(土)14:00開演/19:00開演
3月19日(日)14:00開演
3月20日(月・祝)14:00開演
3月21日(火)14:00開演/19:00開演
3月22日(水)14:00開演

☆☆
【出演】
塩野谷正幸、
佃典彦(B級遊撃隊)
伊藤弘子、
月船さらら(metro)
山﨑薫、
栗原茂、
谷宗和、
佐藤華子、
里美和彦、
平野直美、
柏倉太郎、
冨澤力、
星美咲、
橋口佳奈

土井通肇(元祖演劇乃素いき座)、
大久保鷹

演奏:栗木 健、諏訪 創(流山児★事務所)
早いもので、5日後にはもう本番です。









大!!根!!!

今日はその出来たてほやほやの大根動画をお見せしちゃいまーす!!
こちら
撮影はコラボニクスさん!いつもありがとうございます!


いやはやいやはや、すんごい面白い作品になりましたよ!!
役者さんも演奏陣もみなさんほんとに素敵です。

さあさみなさん、5日後をお楽しみに!!!

だーれだ??


































なおみさんでーす!なんていい笑顔!!
そして衣裳が素敵過ぎます、典子さんすげー!




そしてこちらがさとみさんに動きのレクチャーをするマミ先生なのですが、






















さとみさんの衣裳なんですけど、




























滅茶苦茶似合ってます。


小さい頃に見た映画でキャメロン・ディアスが
「おい、ぶっ飛ぶような美女がいるぞ」
と言われていて、確かにこれはぶっ飛ぶような美女だわ・・・
と思ったのを覚えているのですが、
今回紹介するこの人も、なるほどぶっ飛ぶような美女です。

























月船さららさん!キレーー!


趣味は?みんなでたのしくお酒を飲むこと!

好きなタイプは??絶対生きのびていけるひと!
 その心は?
 ーー体力知性マインドすべてが強く、
   全部失ってゼロになっても這い上がっていける人!

だそうです!うーん、わかる気がします・・・!


 この台本について
 --こんなに自由度が高くて、それゆえに役者が悩んだり苦しんだりして、
   でも最終的に面白くなる台本は初めてです。なかなかないと思います。

 意気込みをお願いします!
 --流山児★事務所に出演するのは二回目だけど、
   本当に好きな役者さんばかりでているので、とにかくこの場を楽しみたいです!


とのことでした。ありがとうございましたー!!
今日はタカさんのちょと昔の写真を手に入れたのでご紹介しちゃいます!





どん!



どん!



どどーん!!

タカさんかっちょいーーー!!



そんな超かっちょいいタカさんですが、


みんなの演奏シーンを撮ろうとすると一人だけ絶対ブレます。
激しすぎて。絶対にブレます。




全国の楽塾ファンのみなさま、お待たせしました。
昨年は、台湾での公演のみでしたが、
今年は、東京でやりますよ~

明日というか、今晩深夜0時より前売開始です。
(早寝の方、ごめんなさい)
予約は→こちら

楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』
脚本:佃典彦
演出:流山児祥

2017年5月3日~6日
座・高円寺2

ミヒャエル・エンデの『モモ』をモチーフにした作品です。
チラシのイラストは、
すももももももこさん、
いや、やまなかももももこさん
描いていただきました。

予約開始は、偶然にも桃の節句の3月3日
モモ尽くしです~



こんばんは。
事務所でこめこさんお手製のお味噌汁を食べているなうです。
ちゃんと制作のお仕事もしてます。









 



本日ご紹介するのはこちらのご家族。

四人家族!ひょっとすると五人か六人かもしれない。
とにかくご家族全員個性的でパワフルで目が離せません!




ちなみにこの恰好のまま外を歩くとタイムスリップ感が半端なく、
待ちゆく人々の視線をガンガン浴びてました。





お母さん役の佐藤華子さんには
お子さん、旦那さん共にいつもお世話になっておりますが、
実際にハナさんのお芝居を観るのは初めてです。
そしてこんなにトチ狂った彼女を目にするのも初めてです。
おもしろいです!

是非是非お見逃しなく!

都民芸術フェスティバルのホームページに
対談の記事がアップされました。

こちらです。チェックしてみてください。


これは、対談の時の模様です。
寒い日だったと思うのですが、二人ともアイスコーヒーです。

「だいこん・珍奇なゴドー」
3月15日(水)~22日(水)下北沢ザ・スズナリ
予約受付中






ーーーーーーー待ってる人が、いるんです。







ーーーーーーー私も。

ーーーーーーーえ、あんたも?
ーーーーーーー俺も俺も
ーーーーーーーマジかよ
ーーーーーーー偶然だねー。




それにしても、来ないねーーーーー。


そんな男女5人の元に現われたのは待ち人のヘモロゲさん。

ではなく、

不思議でおかしな人びと。しかも次々と現われるのです。

さて、一体何が起きるのでしょうか?


そんなお話です。面白いです。



照れる土井さんに、


吠える鷹さん。

お二人ともとーっても素敵。


そして、

流山児さんは演出で困ったときにこの肩に乗ってるかわいこちゃんに
相談しているとかいないとか!
Copyright c 稽古場日誌 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]