忍者ブログ
流山児★事務所の稽古場レポート
稽古中!!

楽塾創立20周年記念公演
『すもももももも モモのうち』

脚本:佃典彦(劇団B級遊撃隊)
演出:流山児祥

【劇場】 座・高円寺2

【日程】 2017年5月3日(水・祝)~6日(土)

 3日(水・祝) 18:00
 4日(木・祝) 13:00 / 17:00★
 5日(金・祝) 13:00 / 17:00★
 6日(土)   13:00

 ※開場は開演の30分前、当日券の発売は開演の1時間前より。

 ★アフタートーク開催

【予約はこちら】

【お問合せ】

 流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ) 

 TEL 03-5272-1785(平日13:00~17:00) 

 メール

プロフィール
HN:
流山児★事務所
性別:
非公開
自己紹介:

流山児★事務所

中高年演劇=楽塾からブロードウエイ・ミュージカルまで上演し 高い評価を得て多数の演劇賞も受賞し海外公演も、毎年のように行ってる国際的シアターカンパニーです。



★★★新人募集中です!劇団で活動することに興味がある人を募集します★★★



【募集人員】 6名 (俳優・スタッフ・制作)18歳以上35歳未満。 国籍不問。心身ともに健康な男女



詳細はコチラより!!



【お問合せ・応募先】

流山児★事務所 新人募集係 〒162-0045 

東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307

TEL:03-5272-1785(平日13時~17時)

 E-MAIL:mail@ryuzanji.com





バーコード

今日で4月も終わりですね。
稽古も今日で終わりです。

今回のチラシも山中桃子さんによるイラストです。

裏には、モモの後ろ姿があります。

さて、重大発表が!
4日(木)13:00の回、前売完売しました!

当日券は若干枚、発売いたしますので
この日しか来れない方は、ぜひチャレンジしてください。
12:00より受付開始します。

夜の回はまだまだ良いお席でご覧いただけます。

『すももももももモモのうち』
公演初日まであと3日
予約はこちら




PR

17年目~19年目は、寺山修司です。

17年目は
作品のタイトルが『不思議な国のエロス』
楽塾は、創業当時からエロスですよね。

ギリシア喜劇の『女の平和』を原作にしているので
ちらしは、エロは抑え目にして古典テイストに。
めぐろさんの故郷、仙台での公演もありますからね。
 
女役の人たちはこんな笑顔が、、、
下の男の人たち(特に柏倉さん)も幸せそう。
 
男役の人たちには、苦悩の表情が、、
 
そして、ハトが豆鉄砲を食らったような、、
 
この作品で昨年は台湾に行きました。
 
台湾での楽しい思い出は、えーと誰にきいたらいいのかな?
あ、フジテレビの夕方のニュース番組に取り上げられました!

さて、公演紹介の最後は、18年目の
『寺山歌劇☆くるみ割り人形』
ちなみに増田セバスチャンさんが映画にしている作品です。
うちのチラシだって「カワイイ」を追求してますよ。
口の中に楽塾さんがいっぱいだ~

2度目の座・高円寺、美しい舞台です。
楽塾のみなさんも、スタッフもスゴイ!

みんながジャンプしてるとこ、横田さんの写真もスバラシイ
 
映像の浜嶋さんの仕事

今年の座・高円寺も、期待しててくださいね!

『すももももももモモのうち』
公演初日まであと5日
予約はこちら

15年目、16年目は、またシェイクスピアに戻って
『十二夜』です。この本との相性がいいんですね。
10年目のときに上演したもののバージョンアップです。
ちらしを出すと「世界初演ってどういう意味?」って訊かれました。
「新しいものをつくる!」っていう意気込みですよ!

初めて、座・高円寺に行きました。
あそこは、ロビーが吹き抜けで気持ちいいんですよね~
お客さんも、安心して芝居が見れる環境になりました。

そして、翌年はカナダのビクトリア国際演劇祭に参加です。
行く前に、夏のSpace早稲田でお披露目を13ステージもやりました。
この時はエアコンが壊れがちで、お客様にも暑い思いをさせたので
終演後にアイス配ったりしてしのいでました。
前年の座・高円寺とは、えらく違っちゃってすみません。
震災後の物資不足でエアコンをすぐに取り換えることができなかったんです~


こちらはカナダ用のちらし、
桃ちゃんと畝部さんの コラボです。
 
写真はSpace早稲田の時のものです。
芝居はもう盤石な感じですね。みなさん生き生きしてます!
 
みなさん「当たり役」になりました。

カナダの楽しい思い出は、拓平さんと三四郎くんに聞いてください~
 

『すももももももモモのうち』
公演初日まであと6日
予約はこちら
13~14年目は、佃典彦さんの新作です!
かわいいちらしができました。

タイトル通りに、海賊がでてきます。
でも、男性の役ではないんです!

女性だったんです!でもいろんな苦労があって、ひげだって生えてきますよ!
これが若き日のシーン、どうやらレストランをやってたようで
料理長は文学座の戌井市郎さんが演じました。
帝国ホテルの総料理長といってもおかしくないくらいです。
 
この公演には、肝付兼太さんも出演されていたのですが
そのご縁で、翌年には赤塚マンガを舞台にすることができました!

これだけでニャロメってわかりますよね。すごい!

肝付兼太さんは、とにかくサービス精神が旺盛です。
出し惜しみしません。イヤミの「シェー!」
着物だからやりにくそうなのに・・・
 
いろんなキャラがでてくるのですが、
これは、デコッ八と宇宙人のとシーン、
私は、この宇宙人の歌のフレーズが今でも時々でてきます。
 
お芝居の方はですね、不条理劇のテイストがあって
やっぱり、ア太郎が不在なんですね。そして、、、
たしかスプレーをふきかけられると、お芝居をやめて帰っちゃうんです。
連日満員で、劇場内がかなり暑くなっていたので
帰れる役の人がうらやましかったかもしれません。

『すももももももモモのうち』
公演初日まであと7日
予約はこちら


11年目、12年目は北村想さんの作品でした。
 
舞台上に、キャベツ畑をつくりました。
ちょうど新キャベツの時期で、美味しくいただきました~
 

この年は、流山児★事務所の都合で恒例のゴールデンウィークではなく
お盆のころになってしまったのですが、劇場はザ・スズナリです。

裁判劇で、セットもかなり本格的です。
 
このあたりから、カメラマンの横田敦史さんに撮影していただくようになりました。
写真のクオリティがぐぐっと上がりましたので、
この時点での新加入のメンバー紹介します。
阪口美由紀さん 

村田泉さん

みかわななえさん

多良間通朗さん・・・今は楽塾の作曲家です。

河内千春さん
 
個性がすごすぎます。


8周年になるとさらにメンバーが増えて15名に。
最初は5人だったのに、ずいぶんと大所帯になりました。
演目は、「真夏の夜の夢」シェイクスピアに挑戦です。
(ちなみに今日はシェイクスピアの誕生日だそうです。)
チラシ用の写真です。(合同結婚式ではありません!)
関口さん、肩だしてますね~
 
これは、妖精パックのシーンと思われます。
シェイスピアですよね。
 
シェイクスピアですけど、アングラ色は残ってます。
タコが出てくるんです。
楽塾史上人気キャラのトップ3には入ると思います。(正面の写真がなくてすみません)


9周年は
シェイクスピア作品の面白さに魅かれて『十二夜』を上演
桃ちゃんのコラージュがすごいことになってます。
 
楽塾の舞台セットといえば、「額縁」
狭いところにぎゅうぎゅうになって額縁に入ります。


そして10周年
ちらしでも、喜びを表現しております。
 
とうとうSpace早稲田を飛び出して、本多劇場に!
そして草津まで行きました
草津温泉に慰安旅行じゃありません、滋賀県の草津に地方巡業です!

舞台広っ、天井高っ
1年前まで額縁にぎゅうぎゅうしてたのに。

この公演では平均55歳のアマ女性劇団「楽塾」
歌って踊って輝く女性……として新聞に取り上げられました。
この記事の中で「将来、海外公演も計画しているという」という一文がありました。
え~、そんなこと言ってたんだ!










チケットの予約は
こちらから

ご予約いただいたチケットは
受付に用意させていただきます。

開演の20分前までに、チケットのお引き取りをお願いいたします。
チケット代金のお支払いは、現金のみです。
クレジットカードは使えません。

受付は開演の1時間前から開始いたします。
地下2階にあります。
開場は、開演の30分前となります。
全席指定です。

アングラ色が強くなっていった楽塾が
創立5周年で上演したのは
高取英の「G線上のアリア~フランス革命異聞~」を原作にした
楽塾歌劇、ここから歌劇(うたげき)の歴史が始まります。
まずは、やっぱりインパクト重視のチラシを作って~
 
フランス革命といえば
ベルサイユのばら、オスカルも出てくるし
 
アンドレもでてきます。
左が桐原さん、右が杉山さん


そしてその年には、アングラの集大成として
とうとう寺山修司に挑戦します。
チラシは、「星の王子さま」に寄せてきてかわいい感じですが
内容はレズビアンの人たちがたくさん出てくる衝撃的な作品です。
 

6周年です。
モーニング娘のように、メンバーが増えていき
AKBのようにお客様もたくさんふえましたので、2チームにわけて上演しました。

『桜の園』チーム
このチームは1日3ステージこなしています。逢いにいけるアイドルです。

こちらは1期生を中心にした『楽屋』チーム

この年から、流山児★事務所の劇団員の世代交代があって
甲津拓平、イワヲ→冨澤力、柏倉太郎が出演するようになりました。

そして2チーム上演は、楽塾には向いてないねということで
1つの作品をみんなで取り組むことにしたのでした。

7周年です。
女子十二楽坊風のちらし、深い青色が素敵です。
 
宮沢智子さん(右端です、今年、楽塾を卒業されました)が
この作品で衝撃のデビューでした。
 
10ステージやりました!楽塾の成長期です。
さて、8周年は……

『すももももももモモのうち』
公演初日まであと11日
予約はこちら


 4年目になりました。
メンバーに内藤美津枝さんが加わり、5人です。
 
芝居は、チェーホフのはずなんですけど、
コスプレで「すきやきパーティ」をしてるの図みたいになってます。


そして、5年目になり、
芝居は「エロい」感じから「アングラ」色が強くなります。
 
もう、宣伝写真が何がなんだかわかりません。
どういうシチュエーションなのか、
でもインパクトはあります。
 

演出の流山児さんも出演するようになりました。
若き日のイワヲさんと甲津拓平さんが、壁に激突して盛り上げていたみたいです。
上の写真では、お姫様のようないそちゆきさんが
子ども役ではじけてますね~
最初のころから比べるとずいぶんとリラックスして楽しそうです。
 
そして、その年の夏
メンバーが増えました!
川本かず子さん、桐原三枝さん、高野あっこさん、二階堂まりさん
まずは、発表会です。

そして翌年には、あれをやっちゃいます。
あれの紹介は、また明日に。

『すももももももモモのうち』
公演初日まであと12日
予約はこちら

おととい、記念すべき第1回公演を紹介させていただきました。
今日は、2回目、3回目です。

2回目は1年後の1999年です。
早稲田通りをアビーロードに見立てた宣伝写真を撮影してました。
メンバーは5人のままですが、女性のみとなりました。



そして3年目になると

 
メンバーは4人になりました。
左から杉山智子、いそちゆき、小森昌子、めぐろあや
(後々、この4人を創立メンバーと呼ぶようになります)
チラシのイラストを山中桃子さん(当時は横松桃子)にお願いし
舞台セットも桃子さんがデザインしました。
しかし、このキャッチコピー「愛と官能の日々」ですって
このころは、エロい感じを出していたんですね。

『すももももももモモのうち』
公演初日まであと13日
予約はこちら


アフタートークのゲストを発表します!

5月4日(木・祝)17:00の回
鯨エマさん

5月5日(金・祝)17:00の回
朝日恵子さん

鯨エマさんは、高齢者劇団「かんじゅく座」の演出をされています。
朝日恵子さんは、フリーのライターの方でシニア演劇の取材も多くされていらっしゃいます。

チケットはまだ余裕があります!
ご予約お待ちしております。


桜も散って、いよいよゴールデン・ウィーク突入です。
ということは、楽塾の公演も近づいてきました。
今年は、記念すべき創立20周年ですので、
稽古場日誌で、過去を振り返っていこうとおもいます。

第1回目の公演
チラシの写真、おしゃれですよね。

 
メンバーは5人ですが、劇団の若手も出演してたようです、甲津拓平くんとか。
土日で4ステージやってます。
写真の女性は、上はめぐろあやさん、下はいそちゆきさん
「大人の大人のための大人による男と女の愛のエロチックな喜劇」
とキャッチコピーにありますが、いやー、エロいですね。
 

『すももももももモモのうち』
公演初日まであと15日
予約はこちら



昨日、無事に千秋楽を迎えました。
関係者のみなさま、
みにいらしてくださったお客様に感謝申し上げます。
 
                          ©横田敦史
劇団員の里美くん、奇抜な衣装を着ることが多いです。
今回は、カラスでした。

さて、次回公演は5月3日~6日、座・高円寺2
楽塾創立20周年記念公演
『すももももももモモのうち』
ご予約を受付中です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
とうとう明日、千秋楽を迎えます
「だいこん・珍奇なゴドー」

本日14時
当日券13時より発売します。

本日19時
16時までは予約フォームよりご予約できます。
こちら

今回のアフタートークは、
リュウザンジさんを抜きにして始めてみました。

ということで、
庭劇団ペニノのタニノさんと
 
今回の作家・イヌイさん

お二人は古くからのお友達で
お互いにひどいことをされたり、したりという仲だそうですが
なんだか楽しそうです。

後半にはリュウザンジさんが参加して
「おれは60を過ぎてからどんどんバカになってる」
と放言したりしてました。

タニノさん、イヌイさん、
そして急遽、進行役をしていただいた舞台監督のオカジマさん
ありがとうございました!


©横田敦史

本日のお昼は劇団員たちが揃って集まり、19日の感謝祭に向けてのリハーサルでした!
みなさんそれぞれあの時の衣装やこの時の衣装を着ていてとーっても目の保養。

だいこんとあわせてこちらもお楽しみください!


ちなみにこの流山児さんは佐原さん作です。
Copyright c 稽古場日誌 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]