流山児★事務所の稽古場レポート
稽古中!!
新しいページ 1
座・高円寺 冬の劇場25
流山児★事務所 公演

雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた


作/清水邦夫 
演出/西沢栄治 
芸術監督/流山児祥

2019年2月1日(金)~10日(日)

自分の歌をうたうため、三十人の女優たちが舞い踊る!
流山児★事務所が演劇への愛を胸におくる、シアトリカルな夢のステージ。

出演

松本紀保
伊藤弘子
麻乃佳世
村松恭子
小林麻子
坂井香奈美
佐原由美
池下重大
井村タカオ
甲津拓平
龍昇
木暮拓矢
照井健仁

星美咲
竹本優希
橋口佳奈
鈴木麻理
高野あっこ(シアターRAKU)
中尾レイ(シアターRAKU)
村田泉(シアターRAKU)
岩崎聡子
太田恭子
大曲えり子
大脇まどか
緒方美浮
加賀凪
加藤素子
上村正子(さいたまゴールド・シアター)
川本裕子(東雲舞踏)
さかい蜜柑
桜井玲奈
佐藤志穂’
髙橋明日香
谷口暢子
夏井世以子
華岡陽子(演劇集団 円)
春はるか
堀りん(田上パル)
前原麻希
三橋麻子
宮小町(劇団 黒テント)
芳尾孝子(善の快、夢桟敷)

スタッフ

演出:西沢栄治(JAM SESSION)
振付:神在ひろみ
音楽:諏訪創
美術・舞台監督:小林岳郎
照明:沖野隆一(RYU CONNECTION)
音響:島猛(ステージオフィス)
衣装:竹内陽子
演出助手:小形知巳
舞台監督助手:山下直哉
イラスト:ヨコヤマ茂未
宣伝美術:江利山浩二(KINGS ROAD)
制作:米山恭子

予約 https://www.quartet-online.net/ticket/ryuzanji201902

公演詳細
http://www.ryuzanji.com/work/r-1902.html


 

プロフィール
HN:
流山児★事務所
性別:
非公開
自己紹介:

流山児★事務所

中高年演劇=楽塾からブロードウエイ・ミュージカルまで上演し 高い評価を得て多数の演劇賞も受賞し海外公演も、毎年のように行ってる国際的シアターカンパニーです。



★★★新人募集中です!劇団で活動することに興味がある人を募集します★★★



【募集人員】 6名 (俳優・スタッフ・制作)18歳以上35歳未満。 国籍不問。心身ともに健康な男女



詳細はコチラより!!



【お問合せ・応募先】

流山児★事務所 新人募集係 〒162-0045 

東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307

TEL:03-5272-1785(平日13時~17時)

 E-MAIL:mail@ryuzanji.com





バーコード

流山児★事務所の2018年は
「オケハザマ」で始まりました。
しりあがり寿さんの新作書き下ろしで、
敗者の今川義元からみた桶狭間の戦いです。
ほんとに狭いところで、刀を振りまわして大変な合戦シーンでした。
(スズナリさんは、悪くないです。無理なことをやってるのはこちらです。)
 
これは、アフタートーク、天野天街さんに参加してもらいました。
義元を井村タカオさん、寿桂尼を山像かおりさんが演じました↓
 

ゴールデンウィークには
シアターRAKU(楽塾から名称変更しました)の
「十二夜」で、Space早稲田→三重県津市芸濃町→台湾と旅公演に出かけました。


5月の下旬には
ピースリーディングを行いました。
木暮拓矢の演出です。主演は橋口佳奈がつとめました。
その時の写真はなかったので、照明オペレーターをやってるときの
はっしーの雄姿を・・・
 

そのあと、稽古場のエアコンの掃除をしたり
上田和弘マスターによる肉体訓練をしたりしていたころ、
流山児さん、甲津拓平、山下直哉、諏訪創ちゃんは台湾で公演です。

http://ourtheatre.net/2018/05/31/ruanjutuanxliushanershiwusuoxwangzhenhejiazhuangyiniuche/


7月には「満州戦線」
パク・クニョンさんの作品を
温泉ドラゴンのシライケイタさんが演出しました。
劇団では珍しい少人数の芝居。
 
 

パクさんのアフタートークは、面白く刺激もあります。

夏は「西遊記」中国に行く!
ということで 中国のフライパンといわれる武漢、
成都にも行ってきました。
 
これは、北京で描いてもらいました。
今、額にいれてあるんですが、どこに飾ったらいいのかわからない状態です。

そして秋がやってきました
「わたし、と戦争」
瀬戸山美咲さんの新作・演出です。
お客様からの温かい拍手がうれしかった感慨深い初日でした。



「わたし、と戦争」が終わったあとは
流山児さんの
「大人のための演劇ワークショップ」で濃密な1週間を過ごしました。
参加メンバーの方、お疲れさまでした!!
劇団員の、佐原由美、星美咲。橋口佳奈、よーく働きました!
 

そして、そして
12月は公益社団法人日本劇団協議会の「腰巻お仙-振袖火事の巻-」
唐十郎さんの作品を上演することができました。
小林七緒の演出です。
初日前に、全ステージ完売しました!
やっぱり、うれしいもんですね、大入りって。
 
15ステージ終わった!
と思ったら、年の瀬になっていました!

今日は稽古納めです。
関係者のみなさま、ご覧いただいたみなさま
なにかと気にかけてくださったみなさま
感謝申し上げます。

2019年は、2月
「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」
から始めます。
どうぞ、よろしくお願いします!
(米山)










Copyright c 稽古場日誌 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
/