流山児★事務所の稽古場レポート
稽古中!!

流山児★事務所(日本)
X
阮劇団(台湾)国際共同制作公演 

『道』 -The Road-

演出:汪兆謙 (阮劇団) 
音楽・演奏:坂本弘道 
芸術監督:流山児祥 

2020年
6月17日(水)~24日(水)
会場 Space早稲田

かつて、50年もの間ひとつの国であった日本と台湾。その狭間には「湾生(わんせい)」と称される台湾に生まれ、戦後に日本へ引き揚げた20万もの日本人がいました。見知らぬ母国日本、台湾への望郷。歴史に埋もれた故郷喪失者「湾生」の視点を軸に、私にとって故郷とは何か、日台の俳優が言語や文化を越えたアジアの死生観をめぐり「道」を越えます。
 

出演
余品潔(阮劇団)
陳守玉(阮劇団)
李冠億(阮劇団)
伊藤弘子(流山児★事務所)
甲津拓平(流山児★事務所)
小林七緒(流山児★事務所)
川本かず子(シアターRAKU)
今野健太(THEATRE MOMENTS)
浅倉洋介
布袋劇:王凱生Edison Wang(義興閣掌中劇団)ほか
演奏 坂本弘道(パスカルズ)

使用言語:日本語、台湾語、中国語 字幕:日本語、中国語、英語

スタッフ
演出:汪兆謙(阮劇団)
作:呉明倫(阮劇団)
音楽・演奏:坂本弘道(パスカルズ)
ドラマトゥルク:鴻鴻(黑眼睛跨劇団)、E-RUN(亜細亜の骨)
芸術監督:流山児祥
振付:林素蓮(小事製作)
美術・衣裳::竹内陽子
照明:奥田賢太(コローレ)
音響:島猛(ステージオフィス)
映像:陳冠宇
舞台監督:小林岳郎
演出助手:李品萱(亜細亜の骨) / 王申冉
台湾語テキスト:盧志杰
台湾語翻訳:詹慕如
英語翻訳:田中クレア
字幕作成:山﨑理恵子(亜細亜の骨)
宣伝美術:岸本昌也
制作:畝部七歩


6/17~24
17(水) 19:30
18(木) 19:30
19(金)  14:00/19:30
20(土)  14:00
21(日)  14:00
22(月) 19:30
23(火)  14:00/19:30
24(水)  19:30
※当日券の発売、整理番号の発行は開演の40分前より。開場は開演の20分前より。
 

チケット取扱・お問い合わせ・・・
流山児★事務所(りゅうざんじ じむしょ)  
TEL 03-5272-1785(平日13:00~17:00)
 E-MAIL mail@ryuzanji.com
オンライン予約
公演詳細

プロフィール
HN:
流山児★事務所
性別:
非公開
自己紹介:

流山児★事務所

中高年演劇=楽塾からブロードウエイ・ミュージカルまで上演し 高い評価を得て多数の演劇賞も受賞し海外公演も、毎年のように行ってる国際的シアターカンパニーです。



★★★新人募集中です!劇団で活動することに興味がある人を募集します★★★



【募集人員】 6名 (俳優・スタッフ・制作)18歳以上35歳未満。 国籍不問。心身ともに健康な男女



詳細はコチラより!!



【お問合せ・応募先】

流山児★事務所 新人募集係 〒162-0045 

東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307

TEL:03-5272-1785(平日13時~17時)

 E-MAIL:mail@ryuzanji.com





バーコード

こんにちは、鈴木光介です。『コタン虐殺』では音楽と演奏を担当しております。よろしくお願いします。

僕には香港の友達がいます。数ヶ月前から起きている逃亡者条例審議とカウンターデモ活動と警察による暴力鎮圧は記憶に新しいですが、彼らと初めて会った
6前くらいから、もう彼らは「自分たちの言語(広東語)は数年後にはなくなっているかもしれない」と言っていました。中国政府による中国全土標準語化政策が取られるんだそうです。

僕は彼らの広東語を初めて聴いた時、まるで歌のようだと思ったんです。美しい言語だと。それが、僕の知らない誰かにとっては駆逐される対象になるのだという事実にとてもショックを受けた記憶があります。

小さな国や民族が大きな国や民族に蹂躙され、飲み込まれるのは歴史に繰り返されています。少し世界に目を向ければ、現在進行形で世界に溢れています。しかし残念ながら、今の日本は自分でその情報を探さないと気づく機会すらありません。そんな国に、
2020年、僕らは生きています。

例えアイヌに全く興味がなかったとしても、観た人が何かしらあれこれに想いを馳せる、かつ面白いお芝居目指して、今日もお稽古行ってきます。



鈴木光介
2020/1/27

お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright c 稽古場日誌 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
/