流山児★事務所の稽古場レポート
稽古中!!
新しいページ 1
座・高円寺 冬の劇場25
流山児★事務所 公演

雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた


作/清水邦夫 
演出/西沢栄治 
芸術監督/流山児祥

2019年2月1日(金)~10日(日)

自分の歌をうたうため、三十人の女優たちが舞い踊る!
流山児★事務所が演劇への愛を胸におくる、シアトリカルな夢のステージ。

出演

松本紀保
伊藤弘子
麻乃佳世
村松恭子
小林麻子
坂井香奈美
神在ひろみ
池下重大
井村タカオ
甲津拓平
龍昇
木暮拓矢
照井健仁

星美咲
竹本優希
橋口佳奈
鈴木麻理
高野あっこ(シアターRAKU)
中尾レイ(シアターRAKU)
村田泉(シアターRAKU)
岩崎聡子
太田恭子
大曲えり子
大脇まどか
緒方美浮
加賀凪
加藤素子
上村正子(さいたまゴールド・シアター)
川本裕子(東雲舞踏)
さかい蜜柑
桜井玲奈
佐藤志穂’
髙橋明日香
谷口暢子
夏井世以子
華岡陽子(演劇集団 円)
春はるか
堀りん(田上パル)
前原麻希
三橋麻子
宮小町(劇団 黒テント)
芳尾孝子(善の快、夢桟敷)

スタッフ

演出:西沢栄治(JAM SESSION)
振付:神在ひろみ
音楽:諏訪創
美術・舞台監督:小林岳郎
照明:沖野隆一(RYU CONNECTION)
音響:島猛(ステージオフィス)
衣装:竹内陽子
演出助手:小形知巳
舞台監督助手:山下直哉
イラスト:ヨコヤマ茂未
宣伝美術:江利山浩二(KINGS ROAD)
制作:米山恭子

予約 https://www.quartet-online.net/ticket/ryuzanji201902

公演詳細
http://www.ryuzanji.com/work/r-1902.html


 

プロフィール
HN:
流山児★事務所
性別:
非公開
自己紹介:

流山児★事務所

中高年演劇=楽塾からブロードウエイ・ミュージカルまで上演し 高い評価を得て多数の演劇賞も受賞し海外公演も、毎年のように行ってる国際的シアターカンパニーです。



★★★新人募集中です!劇団で活動することに興味がある人を募集します★★★



【募集人員】 6名 (俳優・スタッフ・制作)18歳以上35歳未満。 国籍不問。心身ともに健康な男女



詳細はコチラより!!



【お問合せ・応募先】

流山児★事務所 新人募集係 〒162-0045 

東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307

TEL:03-5272-1785(平日13時~17時)

 E-MAIL:mail@ryuzanji.com





バーコード
2/7は本番始まって初の二回公演!
自分の体と相談しながら迎えようとしている先輩方を余所に楽屋ではふざけまくってるので少し真面目なこと書きます。


このお芝居に望んだ経緯。


この戯曲、そして清水邦夫さんの世界は憧れでした。蘇り、女優と亡霊、兄と弟、そして火のようにさみしい姉、、、
3
年前は立ち位置メモって、プロンプも上手く入れられなくて叱られていた私がいざ見る側から見られる側へ。
語るなんて恐れ多いことですが、これは蜷川さんと清水さんの再会の戯曲だと思ってます。これはやってみて思うことですが、再会しようとすることはとてもパワーがいることなんですね。蜷川さんが商業デビューされたロミオとジュリエットを持ってくるその関係性にもグッときます。今その憧れの世界観にどっぷり浸れて、幸せです。
 
それともう1つ、ある芝居でとっても素敵だなと思った女優さん、伊藤弘子さんが所属されてる団体さんの公演だと知ったので。


劇中の弥生俊同様、誘い込むような視線で同性をも虜にしてしまう弘子さんはじめ、現場をご一緒して尚、尊敬できる俳優さん、スタッフさんとお仕事できるのはとても幸せです。

立ち稽古初日から台詞完璧な松本紀保さん見てテンションだだ上がりしましたし、村松恭子さんからは特に得るものがたくさんありました、言葉もお芝居も。清水さんの戯曲では分かりやすい方とはいえ、やはりとても難解で1つでも踏み外すと意味がまるで違ってしまうので稽古ではよく話し合いが行われました。

私は割と感覚でやってしまうことのが多く、思うことはあっても言葉に出来ないことがしばしありました。そういう時に村松さんは率先して意味や想いを発言されていて、その言葉から発見できることが沢山ありました。解消していないところを小林麻子さんが聞いてくれ、麻乃佳世さんが方向性を言語化して下さるという流れが出来ていました。
そのお三方の歌声に導かれ、彼女たちが集う導入は必然に思えました。

 
蜷川さんがおっしゃっていた大好きな言葉で「群は個だ」というのがあります。それぞれの個が成り立って初めて群になる。彼女たちの皆さんそれぞれの考えを聞けた、あの話し合いがなければ私は個としてかなり浮わついていたと思います。
西沢さんがある稽古で「この芝居はドキュメンタリーなんだね」と漏らしていました。
嘘の上に成り立った真実を2間精一杯生きますので、ご覧になってる方々もこの熱狂の渦の中へ誘えたらと思います。

 
初心を忘れず。稽古を信じて。残り4ステージ!

正子さんと素子さんと共演出来るのも本当幸せ。

2019.2.7
前原麻希

舞台写真©横田敦史

2月10日(日)まで 座・高円寺1
「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」
作:清水邦夫
演出:西沢栄治

公演の詳細はこちらから▼
http://www.ryuzanji.com/work/r-1902.html

チケットのお申し込みはこちらまで▼
https://www.quartet-online.net/ticket/ryuzanji201902

千秋楽10(日)14時は、前売完売しました。


Copyright c 稽古場日誌 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
/