流山児★事務所の稽古場レポート
稽古中!!

日本劇団協議会
『少女都市からの呼び声』
作:唐十郎
演出:小林七緒

ガラスの子宮は、何を喰うバリバリ バリバリ
空を喰う 宇宙の果てまで喰いつぶす

ガラスの子宮を持つ少女、虚構と現実が錯綜する―
唐十郎の初期戯曲!!!


■日程
12月06日(金) 19時☆
12月07日(土) 14時
12月08日(日) 14時
12月09日(月) 19時☆
12月10日(火) 19時☆
12月11日(水) 13時
12月12日(木) 19時◎
12月13日(金) 13時
12月14日(土) 14時/19時
12月15日(日) 14時
12月16日(月) 19時
12月17日(火) 14時/19時
12月18日(水) 14時

☆一般割引の回/◎上映後トークイベント有

■会場:Space早稲田

チケット詳細はこちら

■キャスト
山丸莉菜、星美咲、祁答院雄貴
伊藤俊彦、井村タカオ、勝俣美秋
佐野陽一(サスペンデッズ)、山下直哉
江口翔平(Studio Life)、原田理央(柿喰う客)
中原和宏、大久保鷹‬


■スタッフ
作:唐十郎
演出:小林七緒
音楽:諏訪創
振付:スズキ拓朗
プロデューサー:流山児祥

プロフィール
HN:
流山児★事務所
性別:
非公開
自己紹介:

流山児★事務所

中高年演劇=楽塾からブロードウエイ・ミュージカルまで上演し 高い評価を得て多数の演劇賞も受賞し海外公演も、毎年のように行ってる国際的シアターカンパニーです。



★★★新人募集中です!劇団で活動することに興味がある人を募集します★★★



【募集人員】 6名 (俳優・スタッフ・制作)18歳以上35歳未満。 国籍不問。心身ともに健康な男女



詳細はコチラより!!



【お問合せ・応募先】

流山児★事務所 新人募集係 〒162-0045 

東京都新宿区馬場下町60番地 まんしょん早稲田307

TEL:03-5272-1785(平日13時~17時)

 E-MAIL:mail@ryuzanji.com





バーコード

 『なんてじめじめした陽気だろう』
と呟きたくなるようなことばかりの昨今、
皆様、いかがお過ごしですか?

『腰巻お仙~振袖火事の巻~』から、はや一年。
また、この企画に参加できることをとても嬉しく思い、
少しでも面白い芝居になるよう連日稽古しております。

今回の僕の役どころは、前回の『腰巻お仙』と同様、
名もなく死んでいった人たち、歴史の中の堕胎児たち。
この作品の中の老人、乞食老人という役。
五人の老人のシーンと三人の老人のシーンとがあり、
この老人ズを演じるのは!
舞台上で隙だらけで生きてられる達人、中原和宏さん、
我らの兄貴であり気遣いの達人、佐野陽一さん、
リアリストなのだが永遠の好青年、祁答院雄貴さん、
そして!!生きている画像、大久保鷹さん。
そんな方たちとシーンを立ち上げることができる喜びに
奮えておりますのです!

シェフである演出の小林七緒さんのもと、
どんな味付けのシーンになるやら。
七緒さんの演出ですと、、、
たぶん、たべたことのないような、
おそらく、クサヤ以上の珍味を味わえることとなるでしょう!
とても、、、
たぶん、、
おそらく、、、。
歴史の表舞台にはたっていないが、
底辺で生きていた人たち(底辺という言い方が妥当かどうかはわかりませんが、つまり僕と思ってます)、
歴史に名を残さないがそこで生きていた人たちが、
歴史の一部を創った今がある。
その声を聞こうとしない、なかったことにしようとする昨今の日本。
そんな今を、歴史を現在進行形で創ってる自分として、
『なんてじめじめした陽気だろう!!!』
と舞台上から呟こうと思っておるのであります。

てなことで、三人の老人たちは居酒屋で、
なんてじめじめした陽気だろうと、前向きに企んだのであります。
さあ、皆様、老人ズが劇場で、呼んでおります!
心より呼んでおります!!
初日はもうすぐです!!!


公益社団法人日本劇団協議会
『少女都市からの呼び声』
作:唐十郎 演出:小林七緒
2019年12月6日(金)~18日(水)
Space早稲田
詳細
http://www.gekidankyo.or.jp/performance/2019/2019_01.html
予約フォーム
https://www.quartet-online.net/ticket/syozyotoshi


Copyright c 稽古場日誌 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
/